シュトレンチャイ 作りました。

もうすぐクリスマス。シュトレンに夢中なワタナベカリー店店主です。
こんなに心わくわくするものだったなんて・・・!いろいろなシュトレンをすこしづつ楽しんでおります。ちいさなぱんや、エクリュ、わざわざ。(うちは普段ごはん食なので、パンがスペシャルなのです。パン買うために松本に行って、あがたの森でピクニック。そして食べ過ぎる。ぎゃふん。)

そしてチャイを毎日のように飲むワタシ。
コーヒーも好きだけど、寒い日にはミルクとしょうがたっぷりチャイがあったまる。
(毎日飲むならもっとカンタンに作れないかなー。)

できた!できた!シュトレンチャイ!

うちのチャイはカルダモン多めの華やかタイプですが、シュトレンチャイはちょっとちがう。甘めのスパイスたっぷり。でもオレンジピールでさっぱり。茶葉とパウダースパイスを混ぜてみました。スパイス感増します!(ホールスパイスを煮出すいつものチャイは上品に香るなあ。)
小瓶に8杯分入っているので、ひと匙づつドウゾ。

photo1

photo2

クリスマスまでの日々をワタナベカリー店のチャイとともに楽しんでくださいなー。

 

 

2016年の49週目に綴る

リンゴントウのおはなし

チャイno2リンゴントウ

IMGP2535_R

授乳中や妊娠中のお友達のために、ノンカフェインのルイボスティーでチャイを作りました。
最初は茶葉を変えただけだったのだけど、ルイボスティーって煮出しても渋みがないし、
フルーティーな感じがあうのかもと、アップルピールを入れてみました。スパイスもブラックペッパーをやめて、ミルクにあうフェンネルを入れて。

そのとき、NHKのおかあさんといっしょで流れていた「リンゴントウ」という歌を娘と歌っていて、
「くちにいれるとたちまちリンゴーン!鐘が鳴り、ふくれっつらもとけてゆくー曇り空だって晴れてゆくー食べたことのないおいしさだよ、魔法のおかしさリンゴントウ」
こんなチャイいいなーと思い、名前をいただきました。
ママとちびっこ、ときどきケンカもするでしょう、そんなとき一緒にチャイ飲も!なんてね、
ノンカフェインだから子どもも飲めるよー。

そして今暮らすこの町は、りんごの町。山のほうへ向かえば、一面りんご畑。
三郷のりんごを使って作れたらいいなーと思っていました。
そして出会えたりんご農家のめるかとさん!
低農薬で大事に大事に育てられたりんごは、びっくりするようなおいしさです。
はじめてめるかとさんの干しりんごを食べたとき、リンゴーン!って聞こえた!
ぜひ、めるかとさんのりんごでチャイを作りたいですってお願いしに行きました。
おいしいりんごを食べさせてもらって(りんごって切ると変色しちゃうけど、めるかとさんのりんごは1日経っても色が変わらないの!)、ステキなりんご畑も見せてもらって、あんな大きいりんごの木はじめて見ました。
めるかとさん家族の暮らしぶりもステキで、私はひそかに憧れています。

photo1

こうしてみると、リンゴントウは私の好きなものやステキな出会いでできているなー。

めるかとさんの干しりんごはとびきり美味しくて、ほんとうのところ、チャイとして一緒に煮出すより、できあがったチャイにパラパラのせてみたり、お茶請けとして食べた方がいいんじゃないかなと思うほど。・・・もはやりんごのチャイではない?笑。

 

 

2016年の48週目に綴る