スパイスの引き算

デュカという中近東のスパイス塩があって、クミンとコリアンダーと白ごまとミックスナッツを摺って作っていた。ごはんにかけたり、野菜にかけたり、味噌と合わせてみたり。

ふと、クミンを抜いてコリアンダーとナッツだけにしてみたら、すごくフルーティーな華やかな感じになって、すごく気に入っている。

あれやこれやスパイスを足して入れてみることを楽しんでいたけれど、今はひとつひとつのスパイスを味わうのがおもしろいなあと思っている。

というわけで、チャイをリニューアルしたのもあります。
なるべく少ないスパイス使いに見直してみました。

チャイは今6種類。それぞれイメージしたものがたりがあります。
その話もすこしづつ。

chai99

 

2016年の46週目に綴る

チャイ!チャイ!チャイ!

寒くなってきて、ちびっこたちは風邪っぴき。そして私も風邪っぴき。
そんなふうに始まった11月。カレー粉の生産が遅れております。スミマセン。

そうゆうわけで、チャイの話。

ただいま、安曇野ひつじ屋さんでチャイ祭り開催中デス。
ひつじ屋さん、こだま食堂さんに混じって、
ワタナベカリー店のチャイも全種類置いていただいてます!

チャイは茶葉とかスパイスとか製法とか、とにかく人それぞれ、自由でとってもおもしろい。
だいたい同じなのに、全然違うものができたりする。そしてどれもオイシイんだよね。
(それってカレーも同じだ!)

photo1

ひつじ屋さんのチャイは牛乳と水の割合が私と同じ。とってもバランスの良いスパイスの配合。
私はあまり紅茶の渋みが好きではないので、飲みやすくて好み!
こだま食堂さんのは牛乳と水が1:1でわりとあっさりめのチャイ。いくらでも飲める感じ!
ワタナベカリー店のチャイは、たぶんカルダモンとカシア多め。スパイシーだけど、渋くはない、というのを目指しています。

ここしばらく、いろんなチャイを飲み比べしていて、気がついたこと。
茶葉を煮出すとき、大きめの鍋(ミルクパンじゃなくて、雪平鍋とか)で、わりと強めの火でぐつぐつ3分くらい煮出すと、水分がけっこう飛ぶのでミルク感が増します!リッチな仕上がりに。
作る人の塩梅で、また変わるチャイの奥深さ。。。研究と修業の毎日だ。

まわりのひとと自分を比べてしまって、自信をなくしたり、羨んだり、不安になったり。
何ひとついいことないし、何も自分は変わらないのにね。
そうゆうときには、愛着と自己満足。
私は私のチャイが好きだ!オイシイチャイが作れて楽しい!
それがとってもシアワセで、ウキウキする。うぬぼれちゃうぜ!

2016年の46週目に綴る